ワキガを治す方法をご紹介します

 

 

『ワキガを治す簡単な方法』

 

ワキガを治す方法は大きくわけて選択は2つです!

 

@薬で治す方法

これは厳密に言えば、治療ではなく臭いを抑える効果と言ってよいと思います。ワキガの根本原因のひとつである「多汗症」を一時的に抑えることにより、それによって軽度なワキガのひとは体質改善した方もおります。現に自分もワキ下の多汗症を薬によって抑えることによりワキガの臭いがつかなくなり、それ以降は臭いがしなくなってる体質に変わってきました。

 

 

 

 

▼私のワキガ薬ベスト4▼

▼ワキガ薬『体験ブログ』▼

 

 

 

 

 

 

 

 

A施術で治す方法

クリニック治療です。最近のワキガに関する治療は進んでおりまして、切開なし(皮膚を切らない)で施術(手術)できる方法もいくつかあります。傷が残らないのですごい人気です。しかも施術(手術)の場合は、軽度から重度のワキガに合わせた治療ができるので臭いの根本原因を改善できる唯一の近道です。

 

 

 

 

▼クリニック別【徹底比較!!】▼

▼わきが施術別【徹底比較!!】▼

▼わきが施術種類【まとめ】▼

 

 

 

 

 

 

 

ワキガで悩んだ実体験

 

『ワキガは自分じゃ気づかない・・・』

 

私が「ワキガ」であることを知ったのは社会人になってからで、それまでは自身のニオイを知りませんでした。

 

本気で悩み始めたのは、飲食店でバイトをしてたときに店長から
君の体臭のせいで食欲が失せる…と客から苦情あった
…と指摘されたことで、自分が「ワキガ」なんだと知りました。

 

その一件があってから、本気で「ワキガ」に悩むようになり、自分なりにいろいろと調べ、なんとかニオイを軽減することに成功しました。

 

私の場合はまず薬でワキガを治す方法を選びましたが、完治した現状から結論をいわせてもらえば、ワキガのニオイには度合いがあるので、軽度なのか重度なのかで治療方法も変わってくると思います。
度合いに関係なく即治したいなら「施術(手術)」。軽度であるなら「薬(クリーム)」というように、自身に合った治療方法を選ぶことが大事だと思います。

 

 

 

『打明けることで楽になった』

 

大事なのは「ワキガ」って自分で気づかない事が多いので、勇気を出して、なんでも話せる家族や彼女などに自分から聞いてしまうのも大事だと思います。

 

「ワキガ」の人から話もちかけられれば周りはすでに臭いに気づいてる筈なので、当人の為に親身に答えてくれると思いますよ。

 

ただ相手側から「ワキガ」に関しては絶対に触れてこないので、自分から聞いてみる勇気が絶対に必要ですし、それを親身に話せる家族や友人の存在は大きいと思います。

 

 

〜 ワキガで悩む方へおすすめの人気ページ集@ 〜

 

▼『クリアネオ』体験ブログ▼

 

▼『NOANDE』体験ブログ▼

 

 

〜 ワキガで悩む方へおすすめの人気ページ集A 〜

 

▼人気のワキガ治療法【比較早見表!!】▼

 

▼人気クリニック別【比較早見表!!】▼

 

▼人気おすすめ【ワキガ手術】ベスト3!!▼

 

 

 

ワキガとは?

 

ワキガとは?

 

『ワキガ臭に慣れてない日本人』

 

誤解してる方が多いのですが「ワキガ」とは、決して病気ではありません
簡単にいえば「体臭」そのものを指します。

 

 

本来「ワキガ」は病気ではないので、深く悩む必要はない筈なのですが、なぜここまで悩んでしまうのか・・・。

 

単刀直入にいってしまえば、日本人の多くはこの「ワキガ」臭に慣れていないのが原因だと思います。

 

現に海外へ行ったことがある人はわかると思いますが、外国人とすれ違った時の臭い・・・日本人にはない独特の臭いがしている筈です。

 

しかし、海外ではこの独特の臭いが、あたりまえになっているのと、海外ブランドの香水などと交わったとき甘い臭いに変わるこの「体臭」自体を好んでいるのです。

 

 

 

 

「ワキガ」を嫌う日本人特有の風習

 

私の海外の友人は、日本で呼ばれる「ワキガ」臭を海外ではフェロモンを感じさせる為に必要なごくごく普通の体臭だと言ってました。

 

まず日本人の中で、人の体臭をフェロモンと感じれてる人ってあまりおりませんよね。

 

それは「個性」というものを尊重しにくい日本人独特の風潮がそうさせてるんでしょう。本来「個性」とは人間にとって必要不可欠なモノなのですが、どうしても日本人というのは「個性」を嫌い不快に感じてしまう人種なようです。

 

なので嗅いだことのない体臭というものに対し過度に敏感になってしまい「ワキガ」などという勝手な病名までつけてしまったのです。

 

じゃぁ気にするな・・・と言われても、日本では実際「ワキガ」によって周囲を不快に感じさせてしまってる現実があるために「ワキガ」の人は悩んでしまっている訳です。

 

僕もその1人でしたので気持ちは痛いほどわかります。

 

ここでは「ワキガ」に悩む人を救うべく僕なりの体験談を素に、ワキガに効く薬や、治す方法をお教えしたいと思います。

 

▼ワキガ効果『クリアネオ』体験ブログ▼

 

 

ワキガ臭の発生原因と対策方法

 

ワキガ臭の発生原因

 

 

「汗が出る穴(汗腺)」は2種類あります。

 

そして「ワキガ臭」は主に3種類のニオイ(硫黄臭、スパイシー臭、脂肪酸臭)で構成されています。

 

この臭気物質は、アミノ酸と結合したときの無臭状態で汗腺から分泌され、これが皮膚の細菌によって分解されてニオイが発生するのです。

 

まず、「汗が出る穴(汗腺)」ですが、エクリン腺(誰もが全身に分布)とアポクリン腺(個人差が大きくワキや陰部、胸などに分布)の2つです。

 

エクリン腺から出る汗を栄養に雑菌が繁殖する際に発生するニオイ物質が汗臭(わき臭)となり、アポクリン腺から出る汗を栄養にワキガ菌(コリネバクテリウム属の菌)が繁殖した際に発生するニオイ物質がいわゆるワキガ臭と言われる独特のニオイを発生します。

 

エクリン汗腺から分泌される汗は暑い時にかく一般的な汗で、ワキガ臭の主となる原因はアポクリン汗腺からの分泌物だと近年の研究でわかってきております。

 

このアポクリン汗に含まれる脂肪分やたんぱく質を細菌が糧とし分解することにより腐敗臭を発生し始め、衣類の中でニオイ菌が繁殖し衣類の中にニオイ物質が蓄積され一定量のニオイ物質が蓄積されると他人にもそのニオイ物質が伝わって行き「ワキガ」体臭へとなるのです。

 

 

ワキガ臭の対策方法

 

 

食生活

 

 

高タンパク高脂肪の酸性食品の過度な摂取(肉類や卵など)。

 

動物性脂肪(ステーキ、ハンバーグ等)、早食い大食い香辛料の強い食品(インドカレー等)、
塩分多い高カロリー食品(インスタントラーメン、ハンバーガー、スナック菓子)、アルコール暴飲
たばこ等々、体内に入れる食事が体臭にあたえる影響というのは大きいのは間違いありません。

 

 

 

対策として「バランス」が大事です。
決して肉類だけが悪いということはありません。
肉もとれば野菜も多く食べるんです。

 

そして良いのがフルーツです。
とくに酸味の多いフルーツが良いです。
キウイ、オレンジ、パイナップル、リンゴとか良いでしょう。

 

フルーツは体臭もよくする効果があります。フルーツは体臭の原因の一つであるコリンが少ないために体臭を少なくする効果が期待できるんです。

 

 

 

食生活も工夫が必要です。

 

例えば香辛料の多い食べ物が何がなんでもダメという訳ではありません。
我慢するとストレスで余計に体を悪くするので、なんでも工夫が大事なんです。

 

たとえばカレーにしたら中のお肉を牛から鳥肉にし、さらに野菜を多くいれることにより健康に良くなります。しかも擂り下ろしリンゴを入れてみたりする・・・など工夫しようとすればいくらでも可能です。

 

大事なのは常に意識していればいいのです。自然と食生活は『意識』を大切にしていれば改善してくる筈です。

 

 

 

 

 

生活習慣

 

まずは入浴で汗を出しまくる!

まず誤解してるのが、石鹸で常にワキをゴシゴシいつでも過剰に清潔にしておくのは間違いです。

 

もちろん清潔を維持するのは当たり前の生活習慣として、ワキガは外面より内面のケアのほうが大事だったりします。

 

外面だけに神経質になりすぎることによりストレスを感じやすくなり、ワキ汗の分泌も悪くなるそうです。なので朝風呂は特に必要ありません。寝る前にちゃんとお風呂の湯に浸かり、たくさんの汗を流せば良いのです。

 

ワキガを経験した身の、個人的な意見ですが、ワキガの人の特徴として長風呂が嫌いな人が多いと思います。温泉とか行っても湯船に入るのを好まず、発汗の少ない状態であがってしまう。。これは体臭が悪くなる根本原因だと医師がテレビで解説してましたしね。

 

僕は治療中は必ず毎晩お風呂の湯船に浸かり、汗をたくさん流し、風呂上がりにミネラルウォーターをガブ飲みしてました。これだけでも体臭の変化を少し感じることができる筈です。

 

 

熱帯夜でも肌着は必ず着ましょう!

汗を出したら、しっかり汗をふき取って、肌着をきましょう。裸でいるのもよくありません。ワキ下は皮膚が密着する箇所でもあるので、綿生地の肌着を着ることにより、清潔を維持できるのがポイントなんです♪

 

タンクトップを好んで着る人も多いですが、これもワキガの原因のひとつです。

 

夏にタンクトップだとワキ下から汗をかいて、それが肌に密着されたままで殺菌が増殖しやすくなります。清潔な綿生地のTシャツなどをなるべく着るようにして、ワキ下に汗をかいて、酸っぱい臭いがしたらすぐにTシャツを交換しましょう。

 

 

寝不足は厳禁です

それと寝不足もストレス原因と疲れから代謝が悪くなることで体臭も臭くなるそうです。なので対策としては22時迄には入浴を済ませ、遅くても24時までは必ず寝ることです。

 

それと忘れていけないのはタバコです。特に吸いすぎな人は注意です。タバコを吸う事で代謝も悪くなり体内の機能も衰えることからワキガだけではなく、口臭や汗自体が臭くなるそうですよ。

 

対策として、愛煙家の人であれば寝る前に吸うのは止めましょう。それと朝起きてからのタバコもダメです。基本的に本数を減らし、どうしても吸いたい食後のみにするとか、仕事の休憩時だけにするとか、
工夫してタバコ吸う時間をへらしていきましょう。

 

 

 

 

薬でワキガ対策

 

ワキガ対策には『薬』が一番

すでにワキガ臭の対策として、なんだかんだ言っても「薬」のチカラが一番効果的です。

 

とくに自分は、薬ナシではワキガからの脱却はなかったので、自身の経験からも自信をもっていえます。

 

薬にはスプレーや塗るクリームなどが多くありますが、どちらでもかまいませんが、個人的にはスプレーだと濡れた感じが好みではなかったのでクリームタイプをよく使用してました。

 

ここで注意したいのが、塗るタイミングです。

 

これは個人差があると思いますが、汗をかいてしまってから塗るのはダメです。あくまで乾燥してる状態のときに満遍なく塗るのが効果的です。なので、外出時は薬を塗ってから外出をするなどし、塗る場所はあくまで室内の涼しい場所でケアするのが大事です。

 

それと、薬を塗っても、とうぜん汗はかきます。汗でクリームの効果が心配な場合は、涼しい場所にいき一度ワキ下をタオルドライでふきとった後に、薬(クリームなど)を塗るように心がけましょう。

 

薬の効果は各メーカーなどによったり、また自身の体質によったり、はたまた薬との相性などにもヨリケリだと思いますが、経験から言わせてもらうと、一番感じたのは「臭い」が出なくなったのが実感できます。

 

ワキガの薬は、あくまで制汗剤ではないので汗は抑えられないですが、臭い自体がしなくなるのがわかります。つまり殺菌の繁殖を抑えてくれるのと、汗腺自体にも有効成分がきいてくれる効果で臭いがなくなっていきます。

 

それを続けることにより、ワキガ臭が消えていくでしょう。

 

ワキガの人に多いのが、夏だけケアをして他の季節にケアを怠ることです。

 

ワキガのケアは、いわば夏に行うものではなく、秋冬春の期間にケアしておくことで夏に臭いしない体質にもっていくことが大事だと思います。

 

今年になって妻と一緒に使ってみたワキガ用の薬(クリーム)の体験ブログもありますので参考にしてもらえればと思います。

 

▼『クリアネオ』体験ブログ▼

 

▼『NOANDE』体験ブログ▼